MM52 / 江口德子 Noriko Eguchi 

江口德子 Noriko Eguchi

又名: 江口のりこ
女明星 , 年齡: 40 ( 星座: 金牛座, 生肖: 猴 )
生日: 1980年4月28日 星期一
出生地: 日本,兵庫縣
性別: , 血型: O, 身高: 170cm

個人簡介: 江口 のりこ(えぐち のりこ)日本の女優。本名および舊芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県姫路市出身(舊夢前町)。劇団東京乾電池、ノックアウト所屬。特技はピアノ、関西弁、中距離走。菅原是善門下で紀伝道を學び[1]、文章得業生から対策に及第したのち[2]、大內記任官中の貞観11年(869年)従五位下に敘爵[3]。貞観12年(870年)藤原元利萬侶による謀反事件に対応するため、遣大宰府推問密告使に任ぜられて大宰府へ下向している[4]。また、勘解由次官の官職にあった貞観13年(871年)には太皇太後・藤原順子の葬儀に際して、天皇が祖母である太皇太後の喪に服すべき期間について疑義が生じて決定できなかったために議論が行われた際、唐の典禮や朝廷の儀式製度に基づく諸儒者の説は現実的ではないとし、政務と祭禮の釣り合いを鑑みて臨機応変に日をもって月に替えて、服喪期間として心喪(喪服を著用しない)5月・製服(喪服を著用する)5日とすべきことを提案した[5]。貞観14年(872年)に全國的な大旱魃が発生した際、終日降雨の祈禱を行ったところ雨が降り、萬人が感嘆したという。元慶2年(878年)民部少輔から讃岐介に転じると(この時の位階は従五位上)[6]、のち伊勢権守・上野介[7]と陽成朝以降は地方官を歴任する。しかし、地方官を歴任したことに関して興行は不満を持っていたという[8]。のちに讃岐守として同國に赴任した菅原道真は、興行の治績を賞賛する漢詩を殘している[9]。また、伊勢守の官職にあった元慶7年(883年)には端午節會に際して陽成天皇が武徳殿に渤海使を召喚した際、渤海使への応接を務めている[10]。元慶8年(884年)正五位下に昇敘[11]。仁和4年(888年)阿衡事件の最中に文章博士に任ぜられ帰京する[12]。寛平3年(891年)頃大宰大弐に任ぜられて九州へ下向する[13]。寛平5年(893年)新羅の賊が肥前國鬆浦郡に來襲した際には、大宰帥・是忠親王とともに追討を命ぜられている[14]。その後、翌寛平6年(894年)にかけて新羅賊の來襲が頻発するが、興行に関する記録はなく、賊の追討の対応を行ったかあるいは帰京したか明らかではない...